呼吸は大事なので


前回少し触れましたが、夏休みの工作として、友人たちと息のトレーニング器具を作りました。

先週からブレスのコントロールが足りないかもなぁと感じた生徒さんに試してもらっています。

管楽器系の楽器店に行くとわかるのですが、呼吸器関係のトレーニング器具は何種類か販売されていまして、それぞれ使い方や特徴、効果に違いはありますが、共通しているのは「見えない呼吸(空気)を可視化する」というところです。

学校やレッスンで「もっと吸って!」「もっと吐いて!」と言われたことのある人も多いと思うのですが、本人にしてみたら「吸ってるのに…」みたいなことはよくある話です。

ですが、それらの器具を使うと”AさんができることがBさんはできない(もしくは現象に差がでる)”ということが目で分かるので、気持ちの問題ではなく実際に「吸えてない」「吐けてない」みたいなことがちゃんと確認できるようになります。

そういった器具を使って確認しながら呼吸を繰り返したあとで楽器を吹くと音色がその場でぐっと良くなったりします。一定期間続けるとスタミナ、人によっては音域もすこし変化があります。

もちろん楽器の練習と組み合わせることでということではありますが、今回作った器具が少しでも演奏に役立つといいなぁと思っています。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ