呼吸は大事なので


前回少し触れましたが、夏休みの工作として、友人たちと息のトレーニング器具を作りました。

先週からブレスのコントロールが足りないかもなぁと感じた生徒さんに試してもらっています。

管楽器系の楽器店に行くとわかるのですが、呼吸器関係のトレーニング器具は何種類か販売されていまして、それぞれ使い方や特徴、効果に違いはありますが、共通しているのは「見えない呼吸(空気)を可視化する」というところです。

学校やレッスンで「もっと吸って!」「もっと吐いて!」と言われたことのある人も多いと思うのですが、本人にしてみたら「吸ってるのに…」みたいなことはよくある話です。

ですが、それらの器具を使うと”AさんができることがBさんはできない(もしくは現象に差がでる)”ということが目で分かるので、気持ちの問題ではなく実際に「吸えてない」「吐けてない」みたいなことがちゃんと確認できるようになります。

そういった器具を使って確認しながら呼吸を繰り返したあとで楽器を吹くと音色がその場でぐっと良くなったりします。一定期間続けるとスタミナ、人によっては音域もすこし変化があります。

もちろん楽器の練習と組み合わせることでということではありますが、今回作った器具が少しでも演奏に役立つといいなぁと思っています。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ