top of page

呼吸は大事なので


前回少し触れましたが、夏休みの工作として、友人たちと息のトレーニング器具を作りました。

先週からブレスのコントロールが足りないかもなぁと感じた生徒さんに試してもらっています。

管楽器系の楽器店に行くとわかるのですが、呼吸器関係のトレーニング器具は何種類か販売されていまして、それぞれ使い方や特徴、効果に違いはありますが、共通しているのは「見えない呼吸(空気)を可視化する」というところです。

学校やレッスンで「もっと吸って!」「もっと吐いて!」と言われたことのある人も多いと思うのですが、本人にしてみたら「吸ってるのに…」みたいなことはよくある話です。

ですが、それらの器具を使うと”AさんができることがBさんはできない(もしくは現象に差がでる)”ということが目で分かるので、気持ちの問題ではなく実際に「吸えてない」「吐けてない」みたいなことがちゃんと確認できるようになります。

そういった器具を使って確認しながら呼吸を繰り返したあとで楽器を吹くと音色がその場でぐっと良くなったりします。一定期間続けるとスタミナ、人によっては音域もすこし変化があります。

もちろん楽器の練習と組み合わせることでということではありますが、今回作った器具が少しでも演奏に役立つといいなぁと思っています。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

bottom of page