top of page

オラモさんの第九を聴いてきた


シベリウスの交響曲2番はとっても美しいメロディで好きな曲です。

北欧フィンランドの針葉樹林を想像させるような雄大な曲ですが、録音音源としてはオッコ・カムの指揮と、サカリ・オラモの指揮するこの曲が、僕の中では対象的な表現で好きだなぁと思いながら聴いていました。

オラモさんはもともとヴァイオリニストだったそうで、それが理由なのか、爽やかなのに温かみのあるストリングスのサウンドが気持ちいいというのが僕のなかでのかなりざっくりしたものですが、印象です。

そんなオラモさんの演奏をとある方からご縁あって聴きにいく機会を得ることができ(!!)、昨日行ってきました。

演奏はロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団。

ノーベル賞授賞式で演奏するオーケストラとして知られています。

今回の演奏会はスウェーデンと日本の国交150年を記念して行われたもののようで、プログラムは前半がノーベル賞組曲というくくりで、授賞式、晩餐会で演奏された曲目をいくつか、後半が第九という祝祭的な雰囲気のプログラム。

来日中のヴィクトリア皇太子殿下、高円宮絢子女王殿下も鑑賞されるという普段聴きにいくコンサートとはまたちょっと違った趣のコンサートでした。

授賞式演奏団体だという前情報からバイアスが多少かかっているかもしれませんが、前半のプログラムは全体を通してスッキリと軽やかな演奏で、弦楽器のサウンドはCDで聴いていたオラモさんのイメージを彷彿とさせてくれました。(カレリア組曲はバーミンガム市響版で聴いたことがあったのでこれも嬉しかったです。)トランペットの明るく華やかなファンファーレも素晴らしかったです。

後半はベートーヴェンなのでどういう感じになるのかなと思っていると、こちらもスッキリ爽やかな演奏。今年最初の、かなり早いタイミングでの第九でしたが、そんな初秋にマッチしているかも。そんな演奏に感じました。最後までとても楽しい演奏会でした。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page