top of page

オラモさんの第九を聴いてきた


シベリウスの交響曲2番はとっても美しいメロディで好きな曲です。

北欧フィンランドの針葉樹林を想像させるような雄大な曲ですが、録音音源としてはオッコ・カムの指揮と、サカリ・オラモの指揮するこの曲が、僕の中では対象的な表現で好きだなぁと思いながら聴いていました。

オラモさんはもともとヴァイオリニストだったそうで、それが理由なのか、爽やかなのに温かみのあるストリングスのサウンドが気持ちいいというのが僕のなかでのかなりざっくりしたものですが、印象です。

そんなオラモさんの演奏をとある方からご縁あって聴きにいく機会を得ることができ(!!)、昨日行ってきました。

演奏はロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団。

ノーベル賞授賞式で演奏するオーケストラとして知られています。

今回の演奏会はスウェーデンと日本の国交150年を記念して行われたもののようで、プログラムは前半がノーベル賞組曲というくくりで、授賞式、晩餐会で演奏された曲目をいくつか、後半が第九という祝祭的な雰囲気のプログラム。

来日中のヴィクトリア皇太子殿下、高円宮絢子女王殿下も鑑賞されるという普段聴きにいくコンサートとはまたちょっと違った趣のコンサートでした。

授賞式演奏団体だという前情報からバイアスが多少かかっているかもしれませんが、前半のプログラムは全体を通してスッキリと軽やかな演奏で、弦楽器のサウンドはCDで聴いていたオラモさんのイメージを彷彿とさせてくれました。(カレリア組曲はバーミンガム市響版で聴いたことがあったのでこれも嬉しかったです。)トランペットの明るく華やかなファンファーレも素晴らしかったです。

後半はベートーヴェンなのでどういう感じになるのかなと思っていると、こちらもスッキリ爽やかな演奏。今年最初の、かなり早いタイミングでの第九でしたが、そんな初秋にマッチしているかも。そんな演奏に感じました。最後までとても楽しい演奏会でした。


最新記事

すべて表示

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

bottom of page