夏の思い出


詳細については言ってよいのかわからないので言いませんが、

この夏は、とある映像で俳優さんがトランペットを演奏しているように演技をするための

アドバイスをするというお仕事をさせていただきました。

ピアノや弦楽器の演技についてのアドバイス・指導などは、

僕の知人達も経験者がいるのでなんとなくやるべきことは知っていましたが、

あらためて自分を含めてトランペットを吹く人間がどういう動きをしているのかを観察する機会となり、僕自身とても有益な時間となりました。

自分の吹いている状態を、立っている状態や座っている状態で動画を撮り、

どういうときにどうしているのかを観察するのは、

単に演奏会の録画を見るのとは違う発見がいろいろありました。

イメージしているよりも、細かなところで自分でも無意識にやっている動作というのは多いものでした。

また、なんでそれをするのかの理由を考えるとちゃんと理由や原因があったりと、

録音もそうですが、録画もたまにはしてみるのも面白いなと思いました。

実際に映像でその場面が使われていたのはほんの少しの時間でしたが、

逆にその少しの時間のためにしっかりとリサーチ、準備を行うということに、

とても刺激をいただくことができました。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ