top of page

ある発表会が目前なんですが


先週のレッスンでのお話。

講師として在籍している埼玉の音楽教室は来月が発表会。

月2回のレッスンの方はあっという間に本番です。

前回に比べてかなり難しい曲にチャレンジする大人の生徒さんがいます。

先週のレッスンで全部通して演奏してもらったのですが、本人的に現在の出来には大いに不満があるとのことで、本番がすごく憂鬱だというお話でした。

もちろんそういった感想もあるでしょうし、その気持が練習につながるのであれば、悪いことばかりではないとは思うんですが、もう少し別な視点も持ってみてはいかがでしょうかといったお話をさせていただきました。

まず「◯◯さんは、発表会で他の方の演奏を聴いて、仮にうまく演奏できていなかったとしてそれが気になりますか?」という質問をしてみました。

すると

「頑張れ!と応援したことはあったけれど、ネガティブな意味で気になったことはありません」という回答でした。

逆に、毎年出ている方であれば、多少のミスよりも「今年はこんな感じの曲を選んだんだ」とか「去年よりこんなところが上達している気がするな」といったポジティブな事の方に目(耳)がいきませんか?と質問してみたところ、少し気持ちに変化があったようでした。

トランペットという楽器は演奏すること自体がとても難しい楽器です。

大人になってから始めた場合、吹奏楽部の子達に比べると確保できる練習時間はかなり少ないです。

ですが、本番で得られる体験、それに向けた練習から得られる経験値を考えると「きちんと演奏できるようになってから」を待っているよりもどんどん参加してほしいなと僕としては思っています。

吹奏楽やその他の編成でのコンクール、演奏会と比較して考えると、発表会は仮に失敗したとしても他人に迷惑はかかりませんし、それもまた貴重な経験値としてその方の血肉に必ずなります。

本番で起こることは、体験するから分かることも多く、すべての演奏家はいろいろな失敗を経験してきています。ですが、特に大人の方は”失敗してもいいからアグレッシブに挑戦できるステージ”というのはなかなか多くはないと思います。

その生徒さんは今までも仕事やプライベートの合間に練習時間をしっかりと作って、ひとつひとつ課題をこなしてきて着実に成長してきました。

ぜひ今回の発表会も果敢に挑戦して、ステージを楽しんでもらえたらと思っています。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page