東関東大会を聴いてきた話


台風が来ていますね。

大きな被害などでなければいいのですが。

先週末の話になりますが、吹奏楽コンクール一般の部、東関東大会を聴きに行ってきました。

今年は宇都宮での開催でした。

かなり響くホールで、最初のほうの団体は左右のタイミングがホール中央で聞くとズレて聞こえるくらいでした(なぜか中盤の団体以降は問題なかったのが不思議でした)

どの団体も熱のこもった演奏をしていましたが、全国に抜けた団体は毎度のことながら普段は別にお仕事などされてる方たちの演奏だということが信じられないくらいの演奏でした。

毎年、どの団体はどんなことを考えながら曲を選んで、どんなことを考えながら音楽を作っているのか考えながら聞くのは楽しいのですが、なかなかやらなければいけないことが分かっていてもどうやったらそれが実現できるのかは別問題なので、そのあたりを想像してみると本当に最近は高いレベルの演奏が増えているなぁと思います。

全国大会の結果がわくわくします。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ