手帳2019


毎年9月になると翌年の手帳があちこちの店頭で並べられるようになって、それを見ては毎年「もう????今年終わるの?????」と衝撃を受けるのが恒例行事になっています。

そんな感じで、あーそろそろ買わないとなと思っていたんですが、先日ようやく来年の手帳をゲットしました。

去年も書いたのですが、1日1ページでおなじみ『ほぼ日手帳 』を使っていまして、来年もこれでいこうと思っています。

主にレッスン内容を箇条書きするのに便利という理由で使っているのですが、一方で週間でスケジュールを見渡せるページがないのが個人的には不満なところです。

もう少し自分の使い方にあった手帳があるような気もしないでもないのですが、毎年同じ手帳を使っていると、なんとなく自分の中で手帳の使いこなし方がアップデートされていったり、書き方も習慣化されてあれこれ考えなくてもよくなること、大きさが変わらないので、過去の手帳をならべて保管できることなど大きなメリットがいくつかあるので他に浮気しづらくなってます。

手帳を買うのは、なんとなく今までの事を振り返ったり、来年に思いを馳せるタイミングにもなったりします。

時間の使い方については、もっとうまくやる方法があるんじゃないか、今のままでいいのかなと焦る気持ちもあるのですが、今年の始めのページから眺めてみると、時間の使い方については下手は下手なりに色々と考え、いろんな事をしたんだなと、少しほっとする部分もありました。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ