「カメラを止めるな!」を見ました


制作費300万の映画が口コミで話題を呼び、異例の大ヒット!

ということなので、その映画「カメラを止めるな!」を見てきました。

なんだか映画館で映画を見ること自体久しぶりな感じです。

本当はちょこちょこ見に行きたいなと思わなくもないんですが、最近は2時間を余裕で超える長い映画も少なくなく、「最後までトイレを我慢せずに見れるのだろうか」というのを先に考えてしまって、けっか上映期間を逃すというのが最近のパターンです。(実際、我慢に我慢を重ねた後、耐えきれず、映画のクライマックスで席を立ったことがあって、それ以来トイレのことが気になるようになりました泣)

ヒットした後、上映館が増えたそうなのですが、それでも池袋では1館でしか上映していないということで、その上映館”シネマ・ロサ”に行ってきました。

詳しくないのですが、単館系?の映画館で、雰囲気がなんともレトロな映画館でした。

最近はTOHOシネマやマイカルに行くことが多かったので逆に新鮮でした。

そんなレトロな雰囲気の中での鑑賞でしたが、映画も低予算ならでは?で知ってる俳優さんは出ないし、作りもどことなく荒い感じなのですが、評判どおりとてもおもしろい映画でした!

ネタバレ厳禁の内容なのでストーリーについては書けないことだらけなのですが、丁寧に練られたストーリーと、手作り感あふれる映像のアットホームさ(ホラー要素も強いんですが、暖かかったです)、鑑賞後の清涼感が心地いい作品でした。

館内にはリピーターさんと思われる人もちらほら見えましたが、たしかに、もう一回見てみたいなと思うような映画になっています。

そんなわけで、久しぶりの映画館はとてもよい時間を過ごすことができました。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ