top of page

絶句


今日朝起きたら、師匠からメールがきていた。

「ロイ・ハーグローヴが死んだ」

「え」と思わず声が出てしまった。

そのまま頭が真っ白になってしばらくフリーズ。

信じられなかったけど、その時点でかなりこの訃報は広まっていて、Twitterでも世界中から悲しみの声が上がっていて、「あぁ、本当なのか」と悲しくなった。

長く肝臓を患っていたらしい。

ロイ・ハーグローヴ。現代最高のトランペッター、アーティストの一人。

「今現在一番上手なトランペッターは誰?」と聞かれても僕には答えられないけれど、「今現在一番カッコいいトランペッターは誰?」なら答えられる。

ロイ・ハーグローヴ。

日本のジャズ好き、トランペット吹きには「ロイハー」と呼ばれていた。

クラシックのプレーヤーは知らない人もいるのかもしれないけれど、ジャズ、ポップス系のトランペットプレーヤーで彼のアルバム「Earfood」を聞いたことがない人は多分いない(僕は出会ったことはない)し、その中のStrasbourg/St.Denisはセッション曲の新しい定番曲として、日本でも定着している。

様々なスタイルを取り入れては彼にしか演奏できないと思わせるようなアルバムを数多く残している。

音、音楽、アドリブ、作曲、ファッション、立ち振舞。なにもかもカッコいい、センスの化物のようなトランペット吹き。

次はどんなことをするんだろう?とわくわくする数少ないプレーヤー。

きっとまだまだ進化して、そのたびに熱狂させてくれると信じているだけに本当に本当に残念でならない。

ちょくちょく来日していて、僕もライブを見たことはあるけれど、一音一音に凄まじい熱量のこもったライブだった。もっと聞きたかった。


最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

bottom of page