top of page

絶句


今日朝起きたら、師匠からメールがきていた。

「ロイ・ハーグローヴが死んだ」

「え」と思わず声が出てしまった。

そのまま頭が真っ白になってしばらくフリーズ。

信じられなかったけど、その時点でかなりこの訃報は広まっていて、Twitterでも世界中から悲しみの声が上がっていて、「あぁ、本当なのか」と悲しくなった。

長く肝臓を患っていたらしい。

ロイ・ハーグローヴ。現代最高のトランペッター、アーティストの一人。

「今現在一番上手なトランペッターは誰?」と聞かれても僕には答えられないけれど、「今現在一番カッコいいトランペッターは誰?」なら答えられる。

ロイ・ハーグローヴ。

日本のジャズ好き、トランペット吹きには「ロイハー」と呼ばれていた。

クラシックのプレーヤーは知らない人もいるのかもしれないけれど、ジャズ、ポップス系のトランペットプレーヤーで彼のアルバム「Earfood」を聞いたことがない人は多分いない(僕は出会ったことはない)し、その中のStrasbourg/St.Denisはセッション曲の新しい定番曲として、日本でも定着している。

様々なスタイルを取り入れては彼にしか演奏できないと思わせるようなアルバムを数多く残している。

音、音楽、アドリブ、作曲、ファッション、立ち振舞。なにもかもカッコいい、センスの化物のようなトランペット吹き。

次はどんなことをするんだろう?とわくわくする数少ないプレーヤー。

きっとまだまだ進化して、そのたびに熱狂させてくれると信じているだけに本当に本当に残念でならない。

ちょくちょく来日していて、僕もライブを見たことはあるけれど、一音一音に凄まじい熱量のこもったライブだった。もっと聞きたかった。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page