top of page

音階練習のはなし①


部として練習に取り入れている学校もちらほらありますが、基礎練習のなかで音階練習というのはなかなか効果も実感しにくく、また必要性の説明が難しい練習のひとつです。

ただ、トランペットの基礎練習にはいろんな種類のものがありますが、どの教則本を見ても共通して載っている練習方法は、これまでたくさんのトランペット吹きがいろんな練習をしてきた結果、多くの人が効果や大切さを実感できたものばかりで、音階練習もその中に含まれます。

僕たちが普段耳にする音楽は、お祭りや神事で耳にする日本の音楽をのぞけば、ほぼ100%、和音進行と音階の理論をもとに作られています。

ジャズやポップスを演奏しようとした場合、ソロパートなど、楽譜に音符が書いていないけれど演奏しないといけないことがありますが、そんな場面では、曲全体を支配している音階(調性)と、その時になっている和音に対応している音階(旋法)の知識が求められるのでこの手のジャンルの人は「楽譜は読めないけれどコードと音階はわかる」という人がたくさんいます。

逆にクラシック音楽、吹奏楽など、いわゆる「再現芸術」とよばれるジャンルは基本的に出すべき音は楽譜に書いてあるので、音階を意識しなくても必要な音は並べることができるので、なかなか音階のことまで考える人は多くないのかもしれません。

そして音階練習。ちょっとやってみたけれど、これの何が役に立っているのかイマイチわからない。

となるとどうしても練習しようという気がなくなるのもしょうがないような気がします。

それもわかるのですが、一方、僕の経験談にはなってしまうのですが、やってよかった練習ランキングをつけるとすれば音階練習はベスト3に入るくらいやる意味のあるものでした。

なので僕が音階練習をやってみて感じたこと、わかったことを次回少し書いていこうと思います。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page