top of page

いよいよ発表会


いよいよ今年度の発表会。

当教室は4教室合同での発表会としてスタートし、それぞれの教室から出演される生徒さんが増えたこともあって今は2日に分けて合同イベントとして行っています。

明日がピアノ、我々は月曜日が本番になります。

毎回のことながら、2週間を切る頃から自分的にも余裕がなくなってくるのがわかるのですが、それはそれ、出演される生徒さんには何かを得て、出てよかったなと思ってもらえれば、そんな発表会にできればと思いながらカウントダウンを過ごしています。

前にも書きましたが、発表会は出演者が同時に聴衆でもあります。他のお客様も出演者につながりの深い方ばかりで、その努力を知っている人ばかりです。

いい演奏をするという目標は大切ですが、同時に、今年1年練習したこと、音楽を楽しんだということを、聴く人に報告する、そんなこともどこか思いながら演奏をしていただければ出演する人にも聴く人にも良い時間になるのかなと思いっています。


最新記事

すべて表示

5月もあっという間に終わりそうですが、 少し思い出しながら今月のことを書いてみます。 ・ライブ 今月は所属バンドで元ピチカート・ファイヴの小西康陽さんのライブのバックバンドを担当させていただく機会がありました。90年代、渋谷系と呼ばれる音楽のムーブメントがありましたがその中心のひとつがピチカート・ファイヴです。 僕も高校生の終わり頃から大学生時代によく聞いていました。そんなピチカート・ファイヴで作

先週はバンドのライブでした。 コロナやらタイミングやらいろいろ難しく、フルメンバーでは1年以上ぶりのライブでした。 やっぱり人前で反応を感じながらのステージは楽しいです。 ただ、やっぱり久しぶり、準備の段階でかなりフルステージを演奏する体力が落ちていると感じました。 人によってやり方はあるんでしょうが、スタミナ的にきついステージがある時、僕の場合は1曲ごとにペース配分やスタミナを削られやすい場所へ

bottom of page