top of page

モチベーション


先日、僕の先生がこんなことを言っていました。

「結果は努力した分しか返ってこないし、もしかしたら努力の半分も返ってこないかも。でもいい演奏がしたいから努力するんです。時間がないことは言い訳にはなりません。寝る時間を削ってでも練習するべきなんです。人前で演奏するからには。」

還暦を過ぎてなおトッププレーヤーであり続けている人だからこその重みのある言葉だと感じました。

子供の頃は「モチベーション」というものはあまり気にしませんでした。親が、先生が「やりなさい」というからやる。「やりたいか、やりたくないか」は関係なかったように思います。

大人になって逆にそういうことができなくなったなぁと感じます。

自分の行動を決めるのは自分で、時間も子供の頃よりもなくなっているので、やっぱりモチベーションは「やる・やらない」に大きな影響があります。

楽器の練習もやらないといけないとは思っていても、ついつい「明日やろう」になっちゃう方もいるのではないでしょうか。

人によっていろんなやり方があると思うのですが、僕の場合はなにかに取り組む時、「モチベーションが上がるスイッチを幾つか用意しておいて、モチベーションが上がっているときはモチベーションにまかせる。モチベーションが低いときは機械のように黙々と取り組んでモチベーションが低い時期がすぎるのを待つ」というかんじでやっています。

トランペットもそうですし、筋トレや勉強もそうだと思うのですが、コツを知るだけで出来るようにならない部分が絶対にあって、それについては一定の動作を継続することで体やアタマに定着させるしかないものがあると思っています。その部分はモチベーションが上がらないときは淡々とやっても続けていれば何かしら変化はあると思いますし、そのうちモチベーションも変わるかなぁと思いながらやっています。やっていますが、やれたりやれなかったりです(笑) 難しいです。

もっといい方法もあるのかもしれないのですが、みなさんはどんな感じでモチベーションをコントロールしていますか?


最新記事

すべて表示

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

bottom of page