top of page

モチベーション


先日、僕の先生がこんなことを言っていました。

「結果は努力した分しか返ってこないし、もしかしたら努力の半分も返ってこないかも。でもいい演奏がしたいから努力するんです。時間がないことは言い訳にはなりません。寝る時間を削ってでも練習するべきなんです。人前で演奏するからには。」

還暦を過ぎてなおトッププレーヤーであり続けている人だからこその重みのある言葉だと感じました。

子供の頃は「モチベーション」というものはあまり気にしませんでした。親が、先生が「やりなさい」というからやる。「やりたいか、やりたくないか」は関係なかったように思います。

大人になって逆にそういうことができなくなったなぁと感じます。

自分の行動を決めるのは自分で、時間も子供の頃よりもなくなっているので、やっぱりモチベーションは「やる・やらない」に大きな影響があります。

楽器の練習もやらないといけないとは思っていても、ついつい「明日やろう」になっちゃう方もいるのではないでしょうか。

人によっていろんなやり方があると思うのですが、僕の場合はなにかに取り組む時、「モチベーションが上がるスイッチを幾つか用意しておいて、モチベーションが上がっているときはモチベーションにまかせる。モチベーションが低いときは機械のように黙々と取り組んでモチベーションが低い時期がすぎるのを待つ」というかんじでやっています。

トランペットもそうですし、筋トレや勉強もそうだと思うのですが、コツを知るだけで出来るようにならない部分が絶対にあって、それについては一定の動作を継続することで体やアタマに定着させるしかないものがあると思っています。その部分はモチベーションが上がらないときは淡々とやっても続けていれば何かしら変化はあると思いますし、そのうちモチベーションも変わるかなぁと思いながらやっています。やっていますが、やれたりやれなかったりです(笑) 難しいです。

もっといい方法もあるのかもしれないのですが、みなさんはどんな感じでモチベーションをコントロールしていますか?


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page