うれしいお知らせ


先週、ある生徒のお母さんから吹奏楽部の冬の大きなイベントである「アンサンブルコンテスト」で、審査員の先生から「トランペット上手です」と講評に書いていただいたと連絡がありました。

出場した子は当教室にはじめて来た時、高い音が出なかったり、スタミナが持たないなどの問題が長い期間解決しないという悩みを持っていました。

実際に奏法的にも少々問題があったのと、練習環境や、練習に対する考え方も含めて約9ヶ月くらい一緒に取り組んでいました。

その間も、いろいろな問題にぶつかっては悩みを繰り返していましたが、夏には音域も広がり、特にここ数ヶ月については練習に対する本人の考え方が変わってきた感じがしていました。

そんなタイミングで全く知らないプレーヤーから「上手です」と書いていただけたのは本人にとってもきっと大きな自信につながったと思いますし、僕も本人の苦労を見てきたなかでそのお知らせを聞いたのでとても嬉しい気持ちになりました。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ