top of page

うれしいお知らせ


先週、ある生徒のお母さんから吹奏楽部の冬の大きなイベントである「アンサンブルコンテスト」で、審査員の先生から「トランペット上手です」と講評に書いていただいたと連絡がありました。

出場した子は当教室にはじめて来た時、高い音が出なかったり、スタミナが持たないなどの問題が長い期間解決しないという悩みを持っていました。

実際に奏法的にも少々問題があったのと、練習環境や、練習に対する考え方も含めて約9ヶ月くらい一緒に取り組んでいました。

その間も、いろいろな問題にぶつかっては悩みを繰り返していましたが、夏には音域も広がり、特にここ数ヶ月については練習に対する本人の考え方が変わってきた感じがしていました。

そんなタイミングで全く知らないプレーヤーから「上手です」と書いていただけたのは本人にとってもきっと大きな自信につながったと思いますし、僕も本人の苦労を見てきたなかでそのお知らせを聞いたのでとても嬉しい気持ちになりました。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page