うれしいお知らせ


先週、ある生徒のお母さんから吹奏楽部の冬の大きなイベントである「アンサンブルコンテスト」で、審査員の先生から「トランペット上手です」と講評に書いていただいたと連絡がありました。

出場した子は当教室にはじめて来た時、高い音が出なかったり、スタミナが持たないなどの問題が長い期間解決しないという悩みを持っていました。

実際に奏法的にも少々問題があったのと、練習環境や、練習に対する考え方も含めて約9ヶ月くらい一緒に取り組んでいました。

その間も、いろいろな問題にぶつかっては悩みを繰り返していましたが、夏には音域も広がり、特にここ数ヶ月については練習に対する本人の考え方が変わってきた感じがしていました。

そんなタイミングで全く知らないプレーヤーから「上手です」と書いていただけたのは本人にとってもきっと大きな自信につながったと思いますし、僕も本人の苦労を見てきたなかでそのお知らせを聞いたのでとても嬉しい気持ちになりました。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ