top of page

マルサリスが来るぞー!!


トランペット人生の中で必ず通る伝説級のトランペット奏者 のひとり、ウィントン・マルサリスが5月に来日するそうです!!!!!

https://sunrisetokyo.com/detail/3584/

1983年のグラミー賞でクラシック&ジャズ部門のW受賞の他グラミー賞は9度受賞。僕世代のトランペット吹きはみんなカーニバルのCD、古典と現代の2枚のトランペット協奏曲集、ジャズスタンダードナンバーを収録したCDなどを聞きまくっていました。今でも「好きなトランペット奏者は?」という質問にマルサリスの名前を上げる人は多いと思います。

特に、カーニバルの中の循環呼吸を使った「常動曲」や「熊ん蜂の飛行」、バロック&

古典の協奏曲集のハイドンのカデンツァや多重録音のヴィヴァルディは当時かなりセンセーショナルだったようです。ジャズでも「本当にアドリブなのか?」など話題騒然となるほどのテクニックと音楽性でジャズの歴史にも大きな影響を与えています。

そんなマルサリス、前回2006年来日の際は行けなかったので、今回は何が何でも行きます!っていうかチケット取りました(笑)

楽しみすぎます。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page