マルサリスが来るぞー!!


トランペット人生の中で必ず通る伝説級のトランペット奏者 のひとり、ウィントン・マルサリスが5月に来日するそうです!!!!!

https://sunrisetokyo.com/detail/3584/

1983年のグラミー賞でクラシック&ジャズ部門のW受賞の他グラミー賞は9度受賞。僕世代のトランペット吹きはみんなカーニバルのCD、古典と現代の2枚のトランペット協奏曲集、ジャズスタンダードナンバーを収録したCDなどを聞きまくっていました。今でも「好きなトランペット奏者は?」という質問にマルサリスの名前を上げる人は多いと思います。

特に、カーニバルの中の循環呼吸を使った「常動曲」や「熊ん蜂の飛行」、バロック&

古典の協奏曲集のハイドンのカデンツァや多重録音のヴィヴァルディは当時かなりセンセーショナルだったようです。ジャズでも「本当にアドリブなのか?」など話題騒然となるほどのテクニックと音楽性でジャズの歴史にも大きな影響を与えています。

そんなマルサリス、前回2006年来日の際は行けなかったので、今回は何が何でも行きます!っていうかチケット取りました(笑)

楽しみすぎます。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ