top of page

孤独じゃないグルメ


サラリーマンが仕事先で目に留まったお店にふらりと入って食事をする人気ドラマ「孤独のグルメ」。

登場するお店は毎回実在のお店のため、ドラマで取り上げられたお店は翌日から長蛇の列になるそうです。

そんな孤独のグルメで取り上げられたお店の中で多分一番近くにあるのが小竹向原駅から少し歩いた武蔵野音大にもちかい「まちのパーラー」。ここも放送されたのはだいぶ前の話ですが、今でもいつも賑わっています。

先日、また友人たちと食べに行ってきました。みんなでわいわいなので孤独ではないグルメです。

だいたい注文するローストポークサンド

なんのパンで挟むか迷ってしまうのですが、基本どれで挟もうがハズレはなくて美味しいです。そしてボリューミー。

朝7:30からやっているそうなので、朝食用に焼き立てパンとか買いにいったら贅沢な朝だろうなぁ〜と思いつつも眠気を言い訳に実現できてません。

とりあえず今年の目標のひとつに決定です。


最新記事

すべて表示

楽器が高い

友人が楽器を選ぶという話をしていた流れで、7月からある楽器店がBachの180MLがまた値上がりするという話を聞きました。 つい最近値上がりしたばかりだったような気もするのですが、自分が180MLを買った時の値段からほぼ倍の値段になってしまったのが恐ろしいです。 以前から「輸入楽器と輸入楽器は早めに買っておいた方がいいよ」と言われていたんですが、本当に高くなってしまいました。 次にB♭管を買い替え

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

bottom of page