トランペット吹きだらけ


今月は当教室もそうなのですがトランペットのおさらい会が結構いろいろありまして、それ以外にもトランペットの演奏会に呼ばれる機会も結構ありまして、そういった場所に行くとさながら同窓会のようにいろんなトランペット吹きに会うことになってそれはとても嬉しいことです。

先輩も後輩も音大を卒業してみんな20年前後経ってる人達ですが今でもみんな「あのマウスピースがどうのこうの」「あの楽器のあそこがどうのこうの」「あの練習方法がどうのこうの」と話す内容は吹奏楽部だった中高生と変わらない話題で延々話します。

神様に愛されてるとしか思えない、才能の塊のような人もいないわけではないのですが、始めて数年の人が悩むようなことをみんな今でも悩みながらこうかな?どうかな?なんてあーでもないこーでもないと情報交換しながらいろいろと試し続けています。トランペットをやっている人だけが共有できる「お互い頑張ってるね〜」感。これも練習のモチベーションになるよな〜なんてことを改めて感じました。

そんなこともあり、今月末の当教室のおさらい会も、参加される方にはそんな「お互い頑張ってるね〜」感を感じてもらえたらなと思っています。


最新記事

すべて表示

吹奏楽をやっていた人間としてはなんとなく夏はコンクールの季節というイメージが今でもあります。 去年一昨年はコロナのせいもあってモヤモヤとした夏だったのですが、今年は学生の生徒さんは何人か、外部の指導に行っている高校もですが吹奏楽コンクールに出場していました。それとは別にソロコンクールに出場された生徒さんもいて、なんだか暑い夏が帰ってきたのかな、と、生徒さんも僕もメラメラと燃えた8月でした。 音楽に