top of page

基礎練の本


現在、当教室に通われる生徒さんには、トランペットを始めたばかり〜1、2年目といった方が多くいらっしゃいます。

そういった方をレッスンするようになって気がついたことが、トランペットはピアノやフルートに比べて圧倒的に初心者用の"教材"がないということでした。

おそらく日本の場合は、金管バンドないしは吹奏楽部がトランペットを始めるきっかけとしてすごく多いので、なんとなく始めたばかりの時期はなんとかなる(?)ということなのかなと推察したりもするのですが、それにしてもなかなか適当な本がないのでした。

独学でトランペットを始めた人のためにあれこれぎっしりと基礎的な事を書いてある"教則本"や"解説本"は、素晴らしいものがたくさんあります。

また、ある程度吹けるようになってからさらにレベルアップを目指すための本も、素晴らしいものがたくさんあるのですが、どうも、基礎練習について初心者から少しずつレベルアップしながらやっていけるような本をうまく見つけることができませんでした。

これは他のトランペットの先生と話をしていても同じようなのですが、

「ロングトーンはこの音までやってね〜」とか「リップスラーはこの本のこのページの上から4段目までやってね」とか、「タンギングはこの楽譜のパターンをやってほしいんだけど、音は楽譜に書いてないけどこの音までやってね〜」

のように指示をすることが多いようで、レッスンをする側も受ける側もなんとなく「わずらわしいなぁ」という思いがあるようでした。

僕も始めの頃はそんなふうにやっていたのですが、生徒さんが増えるにしたがって、いろいろなレベルの方に対応するにはやはりこの方式はストレスで、結果自分でいろんなレベルの人ようにプリントを作成してやってもらう方式に切り替えました。

そんなプリントを今までの経験を踏まえて、久しぶりにリニューアルしようと昨年後半から試行錯誤や、友人のトランペット奏者達と相談しながら作成をしていたのですが、それがこの度完成しました。

今回はプリントではなく本の状態です!

先週末からレッスンにこられた生徒さんにはお配りしています。

それに併せて、ありがたいことに何人かのトランペット講師・奏者のかたから

「自分のレッスンでも使いたい」

とお話を頂きまして、教室外の方に対しても販売をすることになりました。

↓こちらから購入できます。

https://echigoya.stores.jp/

レッスンをする方や、後輩、新入部員を指導する方、始めたて〜2、3年目の方にちょうどいい本になっています。

ふだん基礎練習をサボりがちな人はぜひこの春からまた基礎練習に取り組んでみてはいかがでしょうか。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page