top of page

録ってみましょう


「じゃあ一度録ってみましょう」

レッスン中、そう言ってスマホで生徒さんの演奏を録音することがあります。(たいてい嬉しそうではないのが心苦しいのですが…笑)

スマホのマイクなので音質はよくないのですが、それでも録音することにはとても大きな意味があります。

これをするときに思い出すのが、バスケ漫画の金字塔「スラムダンク」の1場面です。

主人公が居残り合宿でシュート練習をするのですが、それをビデオで録画して見返すシーンがあります。

イメージ上の自分の身体の動きと録画した自分の動きが違いすぎて

「誰だこれは…。」

「これは俺じゃない」

と呟きます。

音楽の練習でもこれと同じことがよく起こっていて、「自分ではこう吹いている」というイメージが他人にはそう聞こえていないケースはとても多いです。

そんな時に演奏を録音して聞いてみると、まさに「これは自分の演奏じゃない」くらいイメージとのギャップを感じることがあります。自分で思っているよりもいろんなことに気を配らないと思っている演奏の通りに音になってくれません。

ですが録音して聞いて、録音して聞いてを繰り返していくとだんだん「こう吹いている」と「こう聞こえている」の間に差がなくなっていって練習の効率が格段にあがります。

僕の学生時代はカセットテープや高いDATや録音機能付きMDプレーヤーを買って、録音していましたが、今ではポケットからスマホを取り出して数タップで録音、頭出しやタイトル編集まで楽々できます。

練習のときたまに自分の演奏を録音してみると、思いの外気がつくことがあるかもしれません。試したことがない方はぜひ1度お試しください。


最新記事

すべて表示

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

bottom of page