top of page

効率やコツ以外


当教室だけに限った話ではないのですが、地方から東京に出てきてレッスン活動をしている人と話している時に時々話題にあがるのが東京の子供たちの平均した頭のよさです。

習い事の選択肢がかなり小さい子向けのものから色々あることや、とりまく同学年の子たちの影響も大きいと思うのですが、話しの伝わり方のスムーズさや、語彙力の高さを感じることは少なくありません。

そんな利発な子達のレッスンをしていると、中高生くらいから練習効率をとても大切にしていると感じることがあります。

それ自体はいいことなのですが「効率がよければ練習は少なくてもいい」という考えに偏ってきているなぁと思う時には少しクギをさすことがあります。

楽譜の内容を瞬時に判断する知識があって、かつ身体の使い方のセンスがずば抜けている人は効率のみでも良いのかもしれませんが、大概の人は同じ動作を繰り返すことで身体に順応、定着するための時間が必要なので、そういった時間が必要な部分に関しては時間をかけている人ほど動作はスムーズです。そして、それは実践、経験した人しか感じることができない部分です。

大人の方は日々やらなければいけないことも多いので、"できる範囲で、かつ一定の間隔で"と奨めることも多いのですが、学生でかつ部活に所属している子には、毎日必ず同じことを練習する時間を作ってもらうように、そして、一定期間経った後に結果を検証して内容をアップデートしてもらうようにしています。

新年度に入って、教室以外のレッスンも増え始める時期ですが、この時期はいろんな場所でこの話をする時期でもあります。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page