GWのはなし2


今回の帰省では、地元の中学生の子と、一般吹奏楽団のトランペットパートの方を対象にそれぞれレッスンを行いました。

東京からの往復は交通費だけでも相当かかってしまうためどの分野でも専門の人を呼んで学ぶことが簡単な地域ではないので、僕が東京で得た経験、情報を地元に伝えることができたことは僕にとっても嬉しいことでした。

レッスンを受けた方はみなさんそれぞれに普段きちんと基礎も含めた練習に取り組んでいたので、その内容の確認、基礎練習の考え方や気をつけたほうがいいポイントなどを解説しながら一緒に吹いてみました。

中学生の子は説明したことに対しての反応が早く、短いレッスン時間でしたがその中でどんどんいろんなことができるようになっていったので驚きました。

大人の方も一つ一つの動きを丁寧に確認しながら、これからの方向性にヒントを掴んだようでした。

人口の減少が著しい地域で、部員の数も僕が中学生だったころに比べて1/5ほどになってしまいました。それでも地元の方達も吹奏楽を楽しむ気持ちは当時から何もかわりはなく、むしろ少ない機会を少しの無駄も取りこぼしもないようにしよう!という貪欲なパワーが伝わってきて、感動的でした。

またこういう機会を貰えたときに、いい時間を提供できるように僕自身もまだまだ成長していこうと思えた時間でした。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ