top of page

GWのはなし2


今回の帰省では、地元の中学生の子と、一般吹奏楽団のトランペットパートの方を対象にそれぞれレッスンを行いました。

東京からの往復は交通費だけでも相当かかってしまうためどの分野でも専門の人を呼んで学ぶことが簡単な地域ではないので、僕が東京で得た経験、情報を地元に伝えることができたことは僕にとっても嬉しいことでした。

レッスンを受けた方はみなさんそれぞれに普段きちんと基礎も含めた練習に取り組んでいたので、その内容の確認、基礎練習の考え方や気をつけたほうがいいポイントなどを解説しながら一緒に吹いてみました。

中学生の子は説明したことに対しての反応が早く、短いレッスン時間でしたがその中でどんどんいろんなことができるようになっていったので驚きました。

大人の方も一つ一つの動きを丁寧に確認しながら、これからの方向性にヒントを掴んだようでした。

人口の減少が著しい地域で、部員の数も僕が中学生だったころに比べて1/5ほどになってしまいました。それでも地元の方達も吹奏楽を楽しむ気持ちは当時から何もかわりはなく、むしろ少ない機会を少しの無駄も取りこぼしもないようにしよう!という貪欲なパワーが伝わってきて、感動的でした。

またこういう機会を貰えたときに、いい時間を提供できるように僕自身もまだまだ成長していこうと思えた時間でした。


最新記事

すべて表示

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

bottom of page