マルサリス!!!


今日は待ちに待ったウィントン・マルサリス来日公演でした!!!

予定の調整やらその他細々とした事も含めまさに「万難を排して」今日の日を迎えたのです。

思えば、中高生時代はとにかくトランペットの音源を手に入れるのが難しい時代でした。

そんな中でなんとかCDを入手して繰り返し聞いていたトランペッター。

アンドレ、アントンセン、ハーデンベルガー、スメドヴィク、そしてマルサリスでした。

上京して数年でCDで聞いていた人の生演奏を聞くことができたのですが、マルサリスは今日が初めて。中高生の僕の憧れは今日でコンプリートです。

結果から言えば、もう、最高すぎました!!!!!行ってよかった!!!

こんな音楽体験はここ数年なかったかも?

そんなコンサートでした!!!!

で、伝説は事実だったんじゃー

そんな思いです。いやーすごかった…。

トランペットの技術もまさに世界屈指。メンバーもそれぞれがとても高い技術を持っていて奏でられる音楽も5人とは思えないほどのスケール感、奥行きのある表現とホットさを併せ持った最高のステージでした。

1曲目の曲はiPodのCMにマルサリスが起用されたとき、iTunseでアルバムを買うと収録されていたライブ映像で演奏していた曲でした。高音域でのグリッサンドが衝撃的でしたが、スタートがこの曲でテンションがブチ上がりでした。会場の熱気も最高でした。

やるのかな?散々やってるからやらないかな?と思っていたチェロキーもやってくれて、これも会場大盛り上がりでした。

今はまだ言葉が追いつきませんが、本当に最高の夜でした。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ