最遅でした


先週末はとあるライブでした。

普段あまりやらないような場所でしたが、それよりも!!!

出演時間が深夜2時でした!!!(念の為言いますが、健全な場所です笑)

出演時間最遅記録更新です。

演奏はとても楽しくお客さんも大盛り上がりでした。

その日は何時に起きるとか、夕食を何時に食べるとか、ペースの配分の想像が全くつかないので出たとこ勝負な感じもありましたが意外と吹けるものだなと思いました。

学生時代は徹夜明けは全く吹けませんでしたが、久しぶりの徹夜明けの翌日は以外にも問題なく吹くことができたのでそれも収穫でした。

メトロポリタン国立歌劇場の元首席奏者がまだタクシードライバーをしながら「夜中の1時に叩き起こされても吹けるように」と意識していたなんて話をちょっと思い出して、「2時でも吹けたな」とひとりよくわからない満足感に浸った夜でした。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ