top of page

300円


都内で生活されてる方でトランペットを趣味にしている人にとって、練習場所は結構悩ましい問題です。

週末はどこかで練習するとしても、平日、特に夜は自宅で音を出すわけにもいかない方も多いのではないでしょうか。

しかし、やっぱり吹かないとなかなか上達はしないわけなので、そういう住宅事情的に平日の練習が難しい方は、「せめてマウスピースだけでも吹きましょう」と、そんなことをお話します。

例えば、マウスピースを出しっ放しにして、テレビのCMの時とかに1〜2分吹くだけでも違いを感じることができると思うのですが、シルバーのマウスピースは出しっ放しにすると酸化してあっという間に黒くなってしまいます。

そこで、出しっ放しにしても気にならないものとして、少し前からアマゾンで怪しすぎるほど激安で出されているマウスピースはどうかと思い、試しに購入してみました。

300〜700円程度の爆安価格で数本出ているので300円のものを購入してみました。

僕の中では常識の範囲を大幅に下回る価格なので、正直どんなものなのか全く想像がつかなかったのですが届いたので吹いてみました。

……

………。

これは…。

なるほどというか、あぁこうなるのかといった感じでした。

これを吹くまで強く意識しなかったのですが、普段使っているマウスピースたちは唇の振動を増幅、集約してそれぞれのメーカーの響きを持たせた上で楽器に振動を伝えているような感じなのですが、

このマウスピースは「唇の振動がダイレクトに楽器に入っていく」というような印象です。

マウスピースが何もしていない…。そういった感じです。

そっかぁ、マウスピースは安くなるとこうなるのね。

ともあれ、まぁ値段的に出しっ放しにするにはいいかもしれません。(最近は樹脂製のものもあるので肌荒れ気になる方はそちらの方がいいかも?)

ひとつ勉強になりました。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page