高い音のとき低い音のとき


先週、ふと思い出して、主に初めて数年の生徒さんに実践・質問させていただきました。

トランペットをもたず、顔の前に手をかざして、下のドからオクターブで音階を吹くイメージで口をつくって息をはくと息はどうなりますか?

半分以上の方が息が細くなり、音域があがるにつれ角度も上がるという回答でした。

僕もやってみるのですが、ぼくは音域があがるにつれて角度はさがります。

マウスピースはカップが円形なので音域が上がるにつれてマウスピースの「へり」を目指すということでは同じなのかもしれないのですが、上に向く理由、下を向く理由を考えて、すこし調整していただいたところ、何人かの方はすぐに普段よりも高い音が出せていました。

プロ、アマ問わずいろんな方に聞いてみないと断定はできないなと思いながらも、一定数の方には効果がある考えかたのようです。


最新記事

すべて表示

吹奏楽をやっていた人間としてはなんとなく夏はコンクールの季節というイメージが今でもあります。 去年一昨年はコロナのせいもあってモヤモヤとした夏だったのですが、今年は学生の生徒さんは何人か、外部の指導に行っている高校もですが吹奏楽コンクールに出場していました。それとは別にソロコンクールに出場された生徒さんもいて、なんだか暑い夏が帰ってきたのかな、と、生徒さんも僕もメラメラと燃えた8月でした。 音楽に