Newケース


子供の頃、世のおじさん達がやたらポケットのついたベストを着たり、ズボンのポッケがパンパンになるほど財布やらなにやら入れてるのを見て、なんかかっこ悪いな〜と思っていたのですが、年々カバンを持ち歩くことのストレスが大きくなってくるにつれて、なんとなく気持ちがわかるようになってきました。ふー。

トランペットを演奏する人は必ず楽器を持ち歩かなければいけないので、1個荷物がある状態が標準で、それプラス必要な物を持つことになります。

楽譜やら細々したものを入れるバックでプラス1個。雨が降ればさらにもう片方の腕もふさがります。

もうちょっと荷物をまとめたいなぁと思って楽器ケースはちょくちょくチェックしていたのですが、この猛暑でいよいよ色々持ち歩くのが辛くなったので新しいケースを買うことにしました。

全面に結構な容量の小物収納スペースと、背中につく面に楽譜を入れるところがあるタイプのシングルケースです。リュックタイプにもできるのですが涼しくなるまではワンショルダーで持ち歩こうと思います。

パスモはiPhoneに入っているのでお財布なんかもぜんぶしまって、B♭管しか使わない日はこれ1つでいけそうです。

快適快適♪


最新記事

すべて表示

バズィング

ウォームアップの時にマウスピースを使ってのバズィングに関してはプロの演奏家も人によってやったりやってなかったり様々で、それについてはやりやすい方を選べばいいのかなと思うのですが、レッスンをしていると、高音が苦手が方はバズィングの音域も低い傾向はあるなと感じます。 単純にバズィングで高音域を鳴らせないというだけではなくて、低、中音域からグリッサンドで上がれる上限が低いと楽器をつけたときも曲で高音域を