top of page

バランス


トランペットを練習していてぶつかる壁は数知れずキリがないようにも思えてしまうのですが、

レッスンをしていて生徒さんが悩むスタミナや高音域、コントロールに関して言えば

だいたいが息の使い方が原因の大部分だなと感じます。

感じはするのですが、これを説明するのは本当に難しいです。

トランペットは唇と口の中と息、マウスピースへのプレスの量…

いろいろ要素のトータルバランスで音をコントロールするので

どの要素にどのくらいの比重を置くのかは人それぞれですし、

その時々の成長段階やコンディションでも変わっていきます。

筋肉は急には増えませんし、日常生活で使わない筋肉もたくさん使います。

いろいろな基礎練習や曲練習に取り組みながら

少しずついろんな箇所の使い方を身体に覚えさせていきます。

バテやすい方にひとつ、考え、試していただきたいのは、

「バテる時どこがバテるか」ということでしょうか。

身体と唇。

唇のほうが身体より先にバテる方は息が使えてない場合がレッスン内では多いです。

そういう方は一度 首、肩、腕の筋肉を緩めて吹いてみて、

響きが変わるか試してみてはいかがでしょうか。

意外と身体が柔らかくなっている方が少ない力で響く音にならないでしょうか。

このあたりも音域との兼ね合いでりきみ具合は変化するのでやっぱりバランスなのですが、

お腹や背中の大きな筋肉を使うためにはそのまわりの筋肉がガチガチに力んでいると

思うようにパワーが出せないですし、

背中やお腹がうまく使えると、中音域などは

「こんなに楽なのに息がスムーズに流れるのか」

という発見があるかもしれません。


最新記事

すべて表示

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

bottom of page