top of page

バランス


トランペットを練習していてぶつかる壁は数知れずキリがないようにも思えてしまうのですが、

レッスンをしていて生徒さんが悩むスタミナや高音域、コントロールに関して言えば

だいたいが息の使い方が原因の大部分だなと感じます。

感じはするのですが、これを説明するのは本当に難しいです。

トランペットは唇と口の中と息、マウスピースへのプレスの量…

いろいろ要素のトータルバランスで音をコントロールするので

どの要素にどのくらいの比重を置くのかは人それぞれですし、

その時々の成長段階やコンディションでも変わっていきます。

筋肉は急には増えませんし、日常生活で使わない筋肉もたくさん使います。

いろいろな基礎練習や曲練習に取り組みながら

少しずついろんな箇所の使い方を身体に覚えさせていきます。

バテやすい方にひとつ、考え、試していただきたいのは、

「バテる時どこがバテるか」ということでしょうか。

身体と唇。

唇のほうが身体より先にバテる方は息が使えてない場合がレッスン内では多いです。

そういう方は一度 首、肩、腕の筋肉を緩めて吹いてみて、

響きが変わるか試してみてはいかがでしょうか。

意外と身体が柔らかくなっている方が少ない力で響く音にならないでしょうか。

このあたりも音域との兼ね合いでりきみ具合は変化するのでやっぱりバランスなのですが、

お腹や背中の大きな筋肉を使うためにはそのまわりの筋肉がガチガチに力んでいると

思うようにパワーが出せないですし、

背中やお腹がうまく使えると、中音域などは

「こんなに楽なのに息がスムーズに流れるのか」

という発見があるかもしれません。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page