つながっているのね


今月末はなんだかバタバタと。

レッスンしたり演奏したり聞きにいったりわりとギュッとしていました。

印象的だったのは「聞きにいったり」の部分。

トランペットのとても良い演奏を聞く機会に恵まれました。

以前にも書いたような気もするのですが、良い演奏を聞いた次の日、なんだか吹きやいと感じることがたまにあります。普段あまり意識はしていないかもしれませんが誰しも楽器を吹く時、自分の音を聞きながら身体は驚くほど細かい調整を色々な場所にかけながら吹いています。なので耳から入ってくる音は楽器を吹く時に体をコントロールするのにもとても重要な情報なわけです。

ですので良いトランペットの生の演奏を耳にすると、そこには身体の使い方に関する情報もとてもたくさん詰まっていて身体もそれをインプットするので翌日「なんだかいつもより吹きやすい」みたいなことが起こるのかなと解釈しています。

さらに次の日になると戻ってたりするので結局はいろんなことから吸収しながら反復することにはなるんですが、そんな体験があるとなるほどなぁと思うこともあるのです。

明日から10月、いよいよ発表会が迫ってきました。

生徒さんがより良い演奏ができるよう一緒に頑張っていきたいと思います。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ