top of page

2週間


当教室の発表会は会場の予約権がくじ引きによる抽選制なので、よい番号を引き当てれたら該当月が発表会ということになります。なので「明確に何月が発表会」というふうには決まっていません。

本当は固定でできるといいのですが、どこでやるとしても最近は「抽選で予約する」というところがほとんどで固定化はなかなか難しいようです。

そんなわけで、今年は11月の最初の方に発表会をすることになりました。

これは近年のなかではかなり早い時期の開催です。

そしてそれぞれのソロ曲とみんなで演奏するアンサンブル。

約2週間前ということで、いよいよラストスパート感が出てきました。

生徒さんとよく話をすることなのですが、発表会は継続して参加することで見えてくるものというのがたくさんあります。

良い演奏をする、そのためにベストを尽くすということも大事なのですが、「本番があり、それに向かって練習してステージで演奏する」と普段の練習では気づけないものというのがたくさんあります。

※「照明の加減で客席が見える見えないで緊張の度合いも違う気がする」とか、「こちらの動作ひとつでピアノとの意思疎通が変わる」などなど。

これは、1回本番を経験すれば全部わかるというものでもなく、会場や選んだ曲、当日のコンディションや練習のアプローチなどで変化します。なのでステージ演奏はたくさん経験すればするほどできることが増えていきます。

参加される生徒さんそれぞれの出演回数によって今、何を考え、何を経験しているのかというのは様々です。発表会当日はお互いのそういった部分も見えたりするので、お互いに勇気付けられパワーをもらえると思っています。

残りの期間ではそういった「本番に向かっていくこと」を一緒に頑張っていきたいと思っています。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page