発表会が終わった話2


例年に比べて早い開催となった発表会も終わり、この後徐々に発表会に出た生徒さんとレッスンでお会いして感想や次のお話などする時期になります。

本番に何を感じたのか、伺ってみると僕が予想しなかった感想などもあり、次の発表会の方針の参考になる事も多く、いつも楽しく聞かせていただいています。

今年もそれぞれの生徒さんがそれぞれに課題を持って発表会に臨みました。

技術的に新しい取り組みをした方、表現にこだわった方、難しい曲にチャレンジした方、練習への取り組み方を変えた方、それぞれの頑張りがステージに現れていたように思います。

毎年書くことですが、発表会に何度か参加いただくと「あの人は前回よりこう変わった」や「あの曲、自分もやりたい!」などの発見もあって楽しいかと思います。

今年出た方、聴きに来ていただいた方はじめ、来年はさらにたくさんの生徒さんに参加していただきたいと思っています。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ