発表会が終わった話2


例年に比べて早い開催となった発表会も終わり、この後徐々に発表会に出た生徒さんとレッスンでお会いして感想や次のお話などする時期になります。

本番に何を感じたのか、伺ってみると僕が予想しなかった感想などもあり、次の発表会の方針の参考になる事も多く、いつも楽しく聞かせていただいています。

今年もそれぞれの生徒さんがそれぞれに課題を持って発表会に臨みました。

技術的に新しい取り組みをした方、表現にこだわった方、難しい曲にチャレンジした方、練習への取り組み方を変えた方、それぞれの頑張りがステージに現れていたように思います。

毎年書くことですが、発表会に何度か参加いただくと「あの人は前回よりこう変わった」や「あの曲、自分もやりたい!」などの発見もあって楽しいかと思います。

今年出た方、聴きに来ていただいた方はじめ、来年はさらにたくさんの生徒さんに参加していただきたいと思っています。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ