top of page

合わせること


僕を含めて吹奏楽やクラシックを経験してきた人が教わり、身に着けることに「合わせる」ということがあります。

出だしのタイミングを合わせる、呼吸を合わせる、音程を合わせるなどなど様々な「合わせる」ことのために耳を使い、体を使って演奏する、いつしかそれが当たり前になっていきます。

クラシック以外のジャンルを演奏するようになってから気が付いたことですが、クラシック以外の音楽では必ずしもクラシックほど合わせることが正解でないことがあります。

昔、レコーディングの時に言われた言葉「音程がすこしずれても荒々しいエネルギーがほしいんです」

その後いろんな人と演奏して、いろんな人の演奏を聴いていくうちに「完全に合わせることを目指す」ということは選択肢のひとつで、それがベストでないことがあるんだなと考えるようになりました。

ただし、そうは言っても「合わせる」ことが正解の場面にいることが多いので、普段は耳の使い方も「合わせる」ことに寄せて使っています。

今月久しぶりに「この曲は個々のもつ音楽がぶつかって生まれる荒削りなパワーがほしいのであまり合わせようとしないでください」という言葉を聴いて、「合わせ方」について考える機会があり、今日はそんなお話を書いてみました。

クラシックや吹奏楽の大人数ではあまり必要になることではないのですが、そういった場面もあるのよねというお話でした。


最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

bottom of page