top of page

合わせること


僕を含めて吹奏楽やクラシックを経験してきた人が教わり、身に着けることに「合わせる」ということがあります。

出だしのタイミングを合わせる、呼吸を合わせる、音程を合わせるなどなど様々な「合わせる」ことのために耳を使い、体を使って演奏する、いつしかそれが当たり前になっていきます。

クラシック以外のジャンルを演奏するようになってから気が付いたことですが、クラシック以外の音楽では必ずしもクラシックほど合わせることが正解でないことがあります。

昔、レコーディングの時に言われた言葉「音程がすこしずれても荒々しいエネルギーがほしいんです」

その後いろんな人と演奏して、いろんな人の演奏を聴いていくうちに「完全に合わせることを目指す」ということは選択肢のひとつで、それがベストでないことがあるんだなと考えるようになりました。

ただし、そうは言っても「合わせる」ことが正解の場面にいることが多いので、普段は耳の使い方も「合わせる」ことに寄せて使っています。

今月久しぶりに「この曲は個々のもつ音楽がぶつかって生まれる荒削りなパワーがほしいのであまり合わせようとしないでください」という言葉を聴いて、「合わせ方」について考える機会があり、今日はそんなお話を書いてみました。

クラシックや吹奏楽の大人数ではあまり必要になることではないのですが、そういった場面もあるのよねというお話でした。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page