4スタンス

先日トランペット仲間達との会話の中で4スタンス理論が出ました。


数年前にスポーツ系の人達に注目された理論で、人は大きく分けて4通りの体の使い方に分類されるみたいなお話しで、気になる方はぜひググっていただきたいのですが、この理論、資格もあったりするので自分たちでの判定はあくまで目安というか血液型占いレベルの信憑性くらいなんだと思うのですが、それでも中々に興味深くて、立った時の重心の位置や、伸びる動作で力が出しやすい、縮む動作で力が出しやすい、動いたほうが、固定したほうが、右旋回、左旋回…のようにいろいろ力を発揮しやすい動作は人によって違う、みたいなお話しです。


個人判断レベルですが、結構楽器の演奏する時の身体の動きにも当てはまっているようで面白いです。


例えば、友人は椅子の前の方に座ったほうが吹きやすいと話しますが、僕は深く座ったほうが吹きやすいとかも、この分類の通りだったりしました。


そうやっていろいろ比較してみてみんなで話した感想なのですが、部活などでは椅子の座る位置や姿勢について指導された記憶もあるけれど、吹き続けていく中で、自分が吹きやすい姿勢になっていったし、それはこれからも変化するかもしれないけれど、きっと人によって吹きやすいポジションはそれぞれあって、「こうでなければ」ということに縛られすぎず、時には疑ってみるのもいいのではということでした。

最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ