top of page

5月のオンライン関係1

緊急事態宣言と都の休業要請が解除されないので、教室のレッスンは今月もお休み中です。


今月からは改めて正式にオンライン基礎練をスタートしました。

それ以外にもいくつかやりたいことがあり、調べ物をしたり試行錯誤をしています。


基礎練は在籍中の生徒さんを対象にスタート、在籍外の方も受付をしています。


そんなオンライン基礎練ですが、小学生の頃に通っていて現在は退会している(そして今はお母さんが通っています)女の子が、現在高校生なのですが、その子も参加してくれました。


退会後も何度かワンレッスンに来てくれているのですが、去年はスタミナや高音に関連して奏法に疑問があるということで、基礎練習のシンプルなフレーズを使って一緒に今の状態と、どいう方向で練習の積み重ねや奏法の修正をしたらいいのかを話し合いました。


それから約1年ぶりに、画面ごしではありますが吹いているのを見ることができました。


すると、以前の吹き方と全く吹き方が変わっていました。

音にもチカラがあって、とても綺麗な吹き方をしていました。


なんでも去年、いろいろ考え、ロングトーンなどの基礎練に重点を置きながら、2ヶ月かけて奏法を変えたそうです。


自分も経験してるのでわかるのですが、とても大変で失敗することも多い作業です。

きっといろいろ吹きたい気持ちを押さえながら焦らず取り組んだんだと思います。


「今、吹きやすいでしょ?」と聞くと


「すごく楽です」と話していて、とても楽しそうでした。


トランペットは上達する過程にいくつもの壁がある楽器だと思うのですが、だからこそ壁を登れたときの達成感も大きい楽器だよなぁと自分のことも少し思い出しながら考えました。



最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page