top of page

アルバム

今日4月28日、僕の所属するレアグルーヴ・ファンクバンド「Q.A.S.B.」の5枚目のアルバム「Candy Dream」が発売されました。


バンド自体の活動は16年目ですが、僕は2019年、友人の活動を引き継ぐかたちで加入しまして、今回のアルバムが初参加となります。


元々数回、助っ人としてライブを手伝ったのがきっかけですが、僕自身がバンドの音楽が大好きだったのが加入の理由です。


ファンクを基調としながら、シティポップやヒップホップの要素もあり、きっと僕の世代上下10歳くらいの人にはどこか懐かしさを感じる曲が多いんじゃないかと思います。

それでいて、じっくり聞いてみると、クセのあるメロディ、小節数や転調等のアレンジ面など、ただ昔流行った曲調をなぞっているだけではない新鮮さも感じる、そんなサウンドになっていると思います。


タイトル曲「Candy Dream」



3曲目の「Viva Lava」では ”ラテンノリからカオスへ”とオーダーで熱量高めにソロを吹いています(2:40以降)


普段はDJさん向けに7インチレコードを多く作っているバンドで、ジャンル的にはなかなかニッチなんだろうなぁとは思いつつ、僕自身がすごく好きな音楽なので、同じ趣味の方たちに届いてほしい、刺さってほしい、そんな気持ちです。


ご興味あれば聴いてみてください。


-------------------------------------------

★販売

アマゾン

TowerRecords

HMV

disk union

芽瑠璃堂

楽天

Soul Garden Records


★記事

Yahooニュース (CD journal)

バンドリーダー インタビュー (BARKS)

新譜全曲レビュー (Shingo Takahashi 氏(Bee's Knees Records)ブログ)

最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page