アルバム

今日4月28日、僕の所属するレアグルーヴ・ファンクバンド「Q.A.S.B.」の5枚目のアルバム「Candy Dream」が発売されました。


バンド自体の活動は16年目ですが、僕は2019年、友人の活動を引き継ぐかたちで加入しまして、今回のアルバムが初参加となります。


元々数回、助っ人としてライブを手伝ったのがきっかけですが、僕自身がバンドの音楽が大好きだったのが加入の理由です。


ファンクを基調としながら、シティポップやヒップホップの要素もあり、きっと僕の世代上下10歳くらいの人にはどこか懐かしさを感じる曲が多いんじゃないかと思います。

それでいて、じっくり聞いてみると、クセのあるメロディ、小節数や転調等のアレンジ面など、ただ昔流行った曲調をなぞっているだけではない新鮮さも感じる、そんなサウンドになっていると思います。


タイトル曲「Candy Dream」



3曲目の「Viva Lava」では ”ラテンノリからカオスへ”とオーダーで熱量高めにソロを吹いています(2:40以降)


普段はDJさん向けに7インチレコードを多く作っているバンドで、ジャンル的にはなかなかニッチなんだろうなぁとは思いつつ、僕自身がすごく好きな音楽なので、同じ趣味の方たちに届いてほしい、刺さってほしい、そんな気持ちです。


ご興味あれば聴いてみてください。


-------------------------------------------

★販売

アマゾン

TowerRecords

HMV

disk union

芽瑠璃堂

楽天

Soul Garden Records


★記事

Yahooニュース (CD journal)

バンドリーダー インタビュー (BARKS)

新譜全曲レビュー (Shingo Takahashi 氏(Bee's Knees Records)ブログ)

最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ