レコード

数年前から所属しているバンドの主な活動のひとつとしてレコード作成があります。


という話をすると驚かれる方が多いです。

最近はレコードを見たことがない方も多いすし、「なんで今レコード?」という感じの反応をいただくことが多いです。


「最近レトロブームだったりもしますし、ほら、DJさんたちは今でもレコード使いますよ」というと、「あぁー、DJ。」という感じになるのですが、当バンドも主にそうったクラブシーンで活動されるDJの方たちに向けたレコードという意味合いで作成しています。


作成しているのですが、実は僕も自分達の音源を聴くときはもっぱらデータでデジタル再生ばっかりで、レコードを再生する機械を持っていませんでした。

ずっと「そろそろ欲しいな」とは思っていたのですが、音源はあるので後回しになっていました。


ただ気が向くときは向くもので、今月、ネットショップを色々と見ていたら、良さげなプレーヤーが良さげなお値段で出ているのを見つけてしまい、ついに購入しました!


幼い頃、家には父のレコードプレーヤーがあり、幼少期にはすでにテープやCDに変わりつつあったように思いますが、レコードをかけることもあったように思います。


というわけで数十年ぶりににレコードプレーヤーのある生活が帰ってきました。


次回は音や再生した感じなどを書いてみようと思います。




最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ

映画化もされた人気漫画「カイジ」のスピンオフ、「ハンチョウ」のエピソードが無料で公開されているのですが、内容がトランペットや他の趣味にも通じるエピソードだなと思ったので紹介させていただきます。 こちらから読めます https://comic-days.com/episode/3269754496773326880 春は何かを始めたくなる季節ですが、このエピソードは人が何か新しいことを始めるときの気