top of page

道路工事

池袋から有楽町線の上を走っている要町通り、環七を越えて平和台の環八も越えて川越街道へ合流する道をずっと作っています。


数年前から立ち退きもだんだん増えて、少しずつ道路に変わってきていたのですが、我が家の近くも今年になっていよいよ道路工事が本格化してきています。


要町通りが環七にぶつかる交差点から氷川台駅に向かってじわじわと道路が伸びています。

氷川台の方が低いので小竹方面から向かうと氷川台駅前が見えるようになっています。


前に伊集院光さんのエッセイで「建物やお店は変わるけど、道はそうそう変わらないから、実家の窓から見える景色は変わっても見える角度は変わっていない」といった内容の文章があったのですが、うちの周りはあと数年で角度すら変わってしまうようです。

もともとここが地元の人間ではないので、興味のほうが強いのですが。


広い道路ができると人や物の流れも大きく変わりますね。

それが僕が今住むこの場所にとって良い変化になればいいなと思っています。

最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page