top of page

1月終了

「え、もう1年の12分の1が??」というのもなんだか毎年テンプレのように言っている気もしますが、2022年も安定して1月はあっという間に終わりました。


東京はコロナの猛威がまだまだ激しく、この感染者数とオミクロンの感染力ではどう気をつけていても罹るときは罹るような気がしていますが、引き続き注意しながら生活していこうと思っています。


今日は月の終わりということでいくつかのことを書いてみます。


・頭蓋も響いてる

自分の声というのは頭蓋の共振も自分では聞いているので、人が聞いている自分の声と違っていて、録音、録画された自分の声を「なんか変な声だな」と思うのはよくある話なのかと思うのですが、管楽器も振動が頭蓋に伝わるらしく、自分が聞いている自分の音は他人は聞くことができないそうです。トランペットのベルの前と後ろでは音の印象がだいぶ違いますが、頭蓋が響いているというのは初めて知りました。まだまだ知らないことだらけで面白いなと思いました。


・ウエストサイドストーリー

来月、映画版ウエストサイドストーリーがスピルバーグ監督によってリメイクされ公開されるそうです。バーンスタイン大好きで、ウエストサイドでいうと、シンフォニックダンスよりも個人的にはバーンスタイン自身が指揮、キリ・テ・カナワとホセ・カレーラス主演で録音した盤が大好きです。テラークレーベルから発売されているエムパイアブラス盤やドゥダメル指揮・シモンボリバルユースオケのマンボも大好きです。と、この辺のお話は長くなるので割愛しますが、基本的にどの録音も好きです。ウエストサイド大好きな自分としては楽しみでしかたありません。


・旧暦

僕は2021年厄年で、年末に「やっと終わるー」と思っていたのですが、厄年は旧暦で考えるらしく、明日が旧暦の新年で、明日から後厄になるそうです。後厄は来年の1月22日までだそうです。気が抜けないなと思いました。


・腰

職業病というか、オフィス業務の方もだと思いますが、僕の業種もなかなか腰を痛める率は高く、僕も年明けなんだか痛いと感じるようになってしまいました。

エアウィーブから出ているクッションがいいよと言われ買ってみましたが、たしかに痛みがなくなりました。座っている感覚は大きく変わらないのですが、なんだか不思議です。ありがたいです。


と、いろいろ書いてみましたが、明日から2月、また来月も頑張っていきたいとおもいます。

みなさん、来月もどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page