9月終了

毎年9月が終わると年末まであっという間なので、今年も多分そうなんだろうなと思って、少し寂しい気もする季節です。


8月と9月はそれぞれ進学に伴って卒業した生徒さんが訪ねてくれて一緒に楽器を吹いたり、近況を聞くことができたりして、本当にありがたいことだなと思いました。

生徒さんによっては(大人の方もですが)学校の先生以上に長い期間かかわることができて、それは教室を続けるうえでの喜びのひとつです。


今日は友人に誘われて金管バンドの演奏会を聴きにいってきました。

金管バンドはコルネットパートはとても忙しいので、聴いてるだけで唇が痛くなりそうなのですが、友人含め出演のみなさんとても美しい音色で素晴らしい時間を過ごさせていただきました。


発表会に参加される生徒さんは来月から発表会の曲を決めて練習をしていきます。

簡単過ぎても飽きてしまいますし、難し過ぎると直前までハラハラしてしまうので毎年お互いに選曲はむずかしいのですが、聴く人にとっても吹く人にとってもよいステージにできるように選曲してもらえたらと思っています。


来月も頑張っていきましょう!


最新記事

すべて表示

昔練習したエチュードを改めて練習してみると当時は気がつくことができなかった、課題に気づくことができて理解が深まるというよなことが結構あるので、定期的に過去に練習したエチュードを引っ張りだして吹いてみるようにしています。 今日はヘリングの24の練習曲集を冒頭から数曲練習してみました。 12調の練習曲が長調と短調で書かれていて全部で24曲からなっています。 調性とその進行を意識しながら音色の統一感を損