top of page

バテる

トランペットを吹いていてバテる、このことについて友人と話す機会があったのですが、レッスンをしていてもそうなのですが、このバテるという感覚は人によって違っています。


友人は「思うように演奏するための芯がずれていく感覚」と話していました。

僕もこの感覚はあるなと思います。僕の場合は呼吸器周りの筋肉がバテること、アパチュアを保持する筋肉がバテることが関連して、結果、芯がずれて、音が出なくなります。


僕も友人も共通しているのは、こういうバテ方をしている時は一旦リセットできると、次のフレーズ、次の曲は音が出るということです。


ただし、このバテ方を越えて、無理やり吹く時間が延びていくと全く唇が振動しなくなる場合があります。こうなってしまうとその日はもうろくに吹けませんし、最悪な場合は次の日もその状態を引きずってしまうということも起こるので、極力そうならないように調整はしています。


学生の方のなかには「芯がずれる」という感覚の前にいきなり唇が振動しなくなってその日は音が出ない状態になってしまう子がいて、それをバテたと表現する子がいます。

そうなってしまう子は、そもそもの奏法に無理があるケースもあるので、実際に状態を見ながら奏法自体を改善していかなくてはいけない場合があります。


言葉の使い方、受け止め方は人によって違うので、気をつけないとなと思いました。


最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

Comments


bottom of page