top of page

バテる

トランペットを吹いていてバテる、このことについて友人と話す機会があったのですが、レッスンをしていてもそうなのですが、このバテるという感覚は人によって違っています。


友人は「思うように演奏するための芯がずれていく感覚」と話していました。

僕もこの感覚はあるなと思います。僕の場合は呼吸器周りの筋肉がバテること、アパチュアを保持する筋肉がバテることが関連して、結果、芯がずれて、音が出なくなります。


僕も友人も共通しているのは、こういうバテ方をしている時は一旦リセットできると、次のフレーズ、次の曲は音が出るということです。


ただし、このバテ方を越えて、無理やり吹く時間が延びていくと全く唇が振動しなくなる場合があります。こうなってしまうとその日はもうろくに吹けませんし、最悪な場合は次の日もその状態を引きずってしまうということも起こるので、極力そうならないように調整はしています。


学生の方のなかには「芯がずれる」という感覚の前にいきなり唇が振動しなくなってその日は音が出ない状態になってしまう子がいて、それをバテたと表現する子がいます。

そうなってしまう子は、そもそもの奏法に無理があるケースもあるので、実際に状態を見ながら奏法自体を改善していかなくてはいけない場合があります。


言葉の使い方、受け止め方は人によって違うので、気をつけないとなと思いました。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page