ピアノ

トランペットの教室を初めて10年ちょっと。

始めの頃は出版されているトランペットの楽譜というのはとても少なくて、教材探しには苦労しました。今は以前よりもいろいろな楽譜が出ているのでとてもありがたいです。


それでも楽譜がない、伴奏音源がない、そんな時がないわけではなく、

そんな時は昔から自分で楽譜や伴奏音源を作っていました。


だいぶそういう機会も減りましたが、それでも必要な時は自分でパソコンに打ち込んで作っています。


そんな時、ピアノやMidiキーボードを使って音を入力するのですが、なにせ普段ピアノを弾く習慣がないので、毎回ひーひー言いながら入力しています。


大学の頃はピアノが必修だったのでそこそこ難しい曲も弾いていたんですが、やっぱりやらなくなると色々衰えてしまいます。


それでもパソコンへの入力作業は鍵盤での入力が一番早いんですが、もう少し自由に弾けたら便利で楽しいんだろうなーと思います。

最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ