top of page

ブル5

先月?くらいにEテレの某クラシック音楽番組にて、作曲家の人気ランキングみたいなものを発表していて、そのランキングでは苦手な作曲家の1位が3年連続ブルックナーでした笑


なんとなくわからくもないというか、僕もあまり好んでは聴かないです笑

周りの人に聞くと、出番の関係かトロンボーン、テューバ奏者の人はブルックナーが好きな人が多い印象です。


そんなあまり人気のない?ブルックナーですが、音源として個人的に衝撃を受けたのはチェリビダッケがミュンヘン・フィルと来日した際の交響曲5番の録音です。


録音嫌いで有名だったチェリビダッケですが、ブルックナーはグラモフォンから交響曲全集が出ているのと、EMIからいくつかリリースされていますが、演奏そのものは良いのですが、音色や空気感がちょっと残念な感じな気がしていました。


が、2006年になって86年にサントリーでライブ録音された音源が出たのです。これが内容も録音状態もとても素晴らしく、初めてブルックナーを楽しく聞けた気がしたのを覚えています。


フルトヴェングラーを敬愛し、禅の思想にも影響を受けたチェリビダッケの演奏は晩年になるほどテンポが遅くなっている傾向がありますが、このブルックナーもかなり遅いです。

遅いのですが、それによってブルックナーの書いた音の絡みがより具体的に聴こえて、噛み締めながら聞くことができます。結構不思議な体験ができるCDです。


はじめてブルックナーを聴く方には全くおすすめできないのですが、未聴の方は面白い音源じゃないかなと思います。




最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page