ブル5

先月?くらいにEテレの某クラシック音楽番組にて、作曲家の人気ランキングみたいなものを発表していて、そのランキングでは苦手な作曲家の1位が3年連続ブルックナーでした笑


なんとなくわからくもないというか、僕もあまり好んでは聴かないです笑

周りの人に聞くと、出番の関係かトロンボーン、テューバ奏者の人はブルックナーが好きな人が多い印象です。


そんなあまり人気のない?ブルックナーですが、音源として個人的に衝撃を受けたのはチェリビダッケがミュンヘン・フィルと来日した際の交響曲5番の録音です。


録音嫌いで有名だったチェリビダッケですが、ブルックナーはグラモフォンから交響曲全集が出ているのと、EMIからいくつかリリースされていますが、演奏そのものは良いのですが、音色や空気感がちょっと残念な感じな気がしていました。


が、2006年になって86年にサントリーでライブ録音された音源が出たのです。これが内容も録音状態もとても素晴らしく、初めてブルックナーを楽しく聞けた気がしたのを覚えています。


フルトヴェングラーを敬愛し、禅の思想にも影響を受けたチェリビダッケの演奏は晩年になるほどテンポが遅くなっている傾向がありますが、このブルックナーもかなり遅いです。

遅いのですが、それによってブルックナーの書いた音の絡みがより具体的に聴こえて、噛み締めながら聞くことができます。結構不思議な体験ができるCDです。


はじめてブルックナーを聴く方には全くおすすめできないのですが、未聴の方は面白い音源じゃないかなと思います。




最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ