top of page

10月


もう10月。今年は何をしていたのかわからないまま1年が終わってしまいそうです。


当教室の発表会は昨年に続いて12月に行います。

先月は出演される生徒さんは曲決めを行いました。毎回、残りのレッスン回数と曲の難易度、生徒さんの練習量や成長度合いなど、いろいろなことを考えながら一緒に曲を選んでいくので、生徒さんにとっても僕にとってもとても大切で大変な作業です。

今年もクラシック作品を選んだ方、ポピュラー系の曲を選んだ方いらっしゃいますが、残りの期間、しっかりと練習に取り組んでたくさんの経験を積んでもらえたらと思っています。


コロナはまだまだ収束の兆しは見えてきませんが、感染対策もかなり生活に馴染んできたのか、大きなクラスターなどの報道もなく、各地のイベントも少しずつ再開されたり、学校行事や部活動も例年からだいぶ遅れて始まったようです。


当教室への体験レッスンの申し込みも、通常春先に増えるのですが、今年は最近少しずつ問合せをいただくようになり、だんだんとコロナ前の日常が戻ってきつつあるといいなぁと感じています。

最新記事

すべて表示

5月もあっという間に終わりそうですが、 少し思い出しながら今月のことを書いてみます。 ・ライブ 今月は所属バンドで元ピチカート・ファイヴの小西康陽さんのライブのバックバンドを担当させていただく機会がありました。90年代、渋谷系と呼ばれる音楽のムーブメントがありましたがその中心のひとつがピチカート・ファイヴです。 僕も高校生の終わり頃から大学生時代によく聞いていました。そんなピチカート・ファイヴで作

先週はバンドのライブでした。 コロナやらタイミングやらいろいろ難しく、フルメンバーでは1年以上ぶりのライブでした。 やっぱり人前で反応を感じながらのステージは楽しいです。 ただ、やっぱり久しぶり、準備の段階でかなりフルステージを演奏する体力が落ちていると感じました。 人によってやり方はあるんでしょうが、スタミナ的にきついステージがある時、僕の場合は1曲ごとにペース配分やスタミナを削られやすい場所へ

bottom of page