top of page

潮煙

僕の世代の吹奏楽出のトランペット吹きにとって、1993年に吹奏楽コンクールの課題曲の1曲、マーチ「潮煙」はかなり衝撃的でした。


当時中学生だった僕も、初めて聴いた時は先輩と合わせて「シブっ!!!」とコンクール課題曲という言葉からかけはなれた、まるで刑事ドラマのオープニングを思わせるハードボイルドな曲調に狂喜乱舞しました笑。



トランペットのソロがこれでもかっというくらいフューチャーされているのもたまらないポイントでしたが、吹いてみるととても難しかったです。というか当時は吹けませんでした…。


このブログを読んでいる人はたぶんトランペットを吹いたことがある方が大半だと思うので説明しても大丈夫だと思いますが、このソロ、運指が


「20202〜020 20202〜020 202〜0202〜020201001〜2〜」


となっていまして、トランペットの「指かぶり密集地帯」と呼ぶかはわかりませんが、同じ指の繰り返しで音階を吹く音域を唇と息の操作で旋律のリズムに合わせてなかなか高速にコントロールしなければできないフレーズになっています。


僕の中学では(というか他の学校も)この曲を課題曲として選びませんでしたが、中学から始めたばかりの当時の自分にとってはカッコよく吹きたいと憧れるけれどまったく歯が立たないという曲として強烈に記憶に刻まれた曲でした。


同世代のトランペット仲間でこの曲の話がでて、みんな同じ印象だったのが面白かったので、今日はそんなお話でした。



最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

Comentarios


bottom of page