top of page

潮煙

僕の世代の吹奏楽出のトランペット吹きにとって、1993年に吹奏楽コンクールの課題曲の1曲、マーチ「潮煙」はかなり衝撃的でした。


当時中学生だった僕も、初めて聴いた時は先輩と合わせて「シブっ!!!」とコンクール課題曲という言葉からかけはなれた、まるで刑事ドラマのオープニングを思わせるハードボイルドな曲調に狂喜乱舞しました笑。



トランペットのソロがこれでもかっというくらいフューチャーされているのもたまらないポイントでしたが、吹いてみるととても難しかったです。というか当時は吹けませんでした…。


このブログを読んでいる人はたぶんトランペットを吹いたことがある方が大半だと思うので説明しても大丈夫だと思いますが、このソロ、運指が


「20202〜020 20202〜020 202〜0202〜020201001〜2〜」


となっていまして、トランペットの「指かぶり密集地帯」と呼ぶかはわかりませんが、同じ指の繰り返しで音階を吹く音域を唇と息の操作で旋律のリズムに合わせてなかなか高速にコントロールしなければできないフレーズになっています。


僕の中学では(というか他の学校も)この曲を課題曲として選びませんでしたが、中学から始めたばかりの当時の自分にとってはカッコよく吹きたいと憧れるけれどまったく歯が立たないという曲として強烈に記憶に刻まれた曲でした。


同世代のトランペット仲間でこの曲の話がでて、みんな同じ印象だったのが面白かったので、今日はそんなお話でした。



最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page