top of page

選抜

去年からレッスンに通うようになった高校生の生徒さんがいます。


教室に問い合わせをしたきっかけが、今年高校三年の吹奏楽コンクールのメンバーを決めるオーディションを通過したいというものでした。


演奏を聴いてみて、なんだか高校生時代の自分を見ているような気持ちになりました。

何を変えなければいけないかもそうですし、今なんでそのように演奏しているのかもなんとなく分かります。


そうか…1年か…と思いました。


変えなければいけないことについて、僕自身は結構長い年月をかけて変わっていきましたが、それでも苦しい瞬間がたくさんありました。それを1年でなんとかするとなると、1年間、本人の苦しさは結構あるだろうなと思いました。


でも本人もやる気でしたので、やれるだけやってみようと、基礎的なことを中心にレッスンを進めていきました。こっちも「これはきついだろうな」と思うくらい、かなり厳しいことを言うレッスンが多かったです。


最初のうちは変化も少なかったですが、今年度に入ってからはかなりいろんな部分が変わってきていました。


先月発表されたオーディションの課題も各人の地力や基礎的な対応力をみるような内容だったので、要点を整理して、やるべきことを伝えましたが、本人もしっかりと覚悟をもって挑もうとしているのが伝わってきました。


結果については僕もかなりドキドキしましたが、無事オーディションに合格でき、コンクールのメンバーになることができたようです。


本人もびっくりしていましたが、コツコツ試行錯誤して積み重ねてきた結果だと思います。

コンクールの舞台で素晴らしい演奏ができるように頑張ってほしいと思います。



最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

Comments


bottom of page