top of page

Bachが…

円安だとかウッドショックだとか色々な理由で物の値段が上がっていますが、楽器系の値段も、もちろんトランペットの価格もあがっています。


トランペットという楽器は、管楽器の中では値段は低めな楽器なので、趣味の方も、プロの方も使っている楽器に差はないのですが、そんなトランペットの日本国内シェアを大きく占めるBachの180MLというモデルがあるのですが、もともとちょっとずつ値上がりしていたのですが、少し前に価格の改定があり、定価40万円(税込)を突破しました。


実際にはどのお店も多少値引きされるので実売30万円台後半になるのですが、それにしてもかなり上がってしまったなーというのが感想でした。


僕は現在ストンビ社のタイタンというモデルを使用しているのですが、最初と、その次に買ったのは180ML でした。どちらの時も買った当時は30万円していなかったと記憶しています。

最初に買った時はたしか20万円台前半だったと思うので、そこから考えるとだいぶ高くなってしまいました。楽器屋さんも困っていましたが、上がっている理由がはっきりしていること、その理由がすぐに解消されることはないだろうということで、数年は上がることはあっても下がらないんじゃないかというお話でした。


他のメーカーの楽器も軒並み上がっているのですが、上がり方に若干ばらつきがあるので、もしかすると、今後、使っているトランペットのメーかーもばらつきがでるのかもしれないと思ったりしました。

最新記事

すべて表示

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

Comments


bottom of page