top of page

7月終わりで台風一過


珍しい進路で警戒されていた台風も過ぎ、7月が終わろうとしています。

学生たちは夏休みということで、なんとなく家のまわりもすこし雰囲気がのんびりしているような。

僕自身も、先月・今月と続いていた忙しさもなんとなく一段落ついたように感じています。が、そんな油断からでしょうか、iPhoneを落下させてしまい、初めてガラスがバリバリになってしまいました(泣)機種変をしてもいいくらいの時期なので画面を修理するか、悩みどころです。

毎年この時期はコンクール直前に練習量が増えたことによって調子が悪くなるという問い合わせが来ます。今年もやっぱり数件、相談がありました。

吹奏楽部でトランペットを吹いているなかで、調子が悪くなり、音が出なく、出にくくなる子は一定数います。僕も学生時代はちょくちょく調子が崩れていました。ひどいときには何ヶ月も高い音が出なくなったり。

調子が崩れる前に行っていたこと、調子が戻るときにしたこと、考えたこと。トランペットが上達する過程でわかってきたこと。こういった積み重ねを経てだんだんと調子が崩れにくくなっていきましたし、崩れても少しの期間で戻せるようになってきたと感じています。

そういったことを踏まえて、生徒たちには崩れる前に注意を促したり、崩れた子には戻す時の考え方をアドバイスしているのですが…。

それでも、この時期の吹奏楽部の練習量は、トランペット吹きの唇にはなかなかハードです。

そんな時、積み重ねている日々の基礎練習やウォームアップ、クールダウンがとても大きな意味を持ってきます。

毎日の練習を丁寧に、コンクールにでるトランペットパートの子たちがステージの上で自分の役割を、いい音楽をしてほしいなと思います。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

bottom of page