0.5

お酒、僕の場合、2口くらいですぐに気持ち悪くなったり缶1本で眠くなったりで、多分体質的にダメなんだと思っています。過去に少し練習をした時期もありましたが根本的な部分は変わらないようです。


ただ、体質的にダメだからと言って、飲みたくないわけでもなく、疲れた日や嬉しいことがあった日などは少しは飲みたい気持ちになります。


最近はそういうニーズにも応えてか、低アルコール度数のお酒も増えてきました。

代表格「ほろよい」は色んな味があって、季節によっても新味が出たりとで僕含めまわりにも好きな人は多いです。


ただ、お酒が体質的に弱い友人とお酒の話になると「低アルコール飲料はすべて甘い、食事をしながら飲みにくい」という意見はわりとよく出る話題でした。あと、あまり良いお酒を使っていない物も多いのか、低アルコール度数のはずなのに、悪酔いしたり、次の日気持ち悪かったりするよねという話もよくしていました。


そんな下戸の人の気持ちを知ってか知らずか、アサヒさんが驚きの度数0.5%のビールテイスト飲料を発売しました。
















ニュースサイトで読んで、これだ!と思いました。

その後スーパーで発見、早速買ってきました。


ビールが好きな人にはやはり少し薄く感じるようですが、普段ビールを飲まない僕としては完全にビール!なのに顔が赤くならない、気持ちも悪くならない、なのにお酒がちゃんと体に入っている気がする不思議!


これは料理と一緒に飲むのに良いと思いました。


こういう料理にあって、アルコールが少ないお酒は大歓迎です。

サワー系などいろいろ発売して欲しいなと思いました。




最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ