top of page

0.5

お酒、僕の場合、2口くらいですぐに気持ち悪くなったり缶1本で眠くなったりで、多分体質的にダメなんだと思っています。過去に少し練習をした時期もありましたが根本的な部分は変わらないようです。


ただ、体質的にダメだからと言って、飲みたくないわけでもなく、疲れた日や嬉しいことがあった日などは少しは飲みたい気持ちになります。


最近はそういうニーズにも応えてか、低アルコール度数のお酒も増えてきました。

代表格「ほろよい」は色んな味があって、季節によっても新味が出たりとで僕含めまわりにも好きな人は多いです。


ただ、お酒が体質的に弱い友人とお酒の話になると「低アルコール飲料はすべて甘い、食事をしながら飲みにくい」という意見はわりとよく出る話題でした。あと、あまり良いお酒を使っていない物も多いのか、低アルコール度数のはずなのに、悪酔いしたり、次の日気持ち悪かったりするよねという話もよくしていました。


そんな下戸の人の気持ちを知ってか知らずか、アサヒさんが驚きの度数0.5%のビールテイスト飲料を発売しました。
















ニュースサイトで読んで、これだ!と思いました。

その後スーパーで発見、早速買ってきました。


ビールが好きな人にはやはり少し薄く感じるようですが、普段ビールを飲まない僕としては完全にビール!なのに顔が赤くならない、気持ちも悪くならない、なのにお酒がちゃんと体に入っている気がする不思議!


これは料理と一緒に飲むのに良いと思いました。


こういう料理にあって、アルコールが少ないお酒は大歓迎です。

サワー系などいろいろ発売して欲しいなと思いました。




最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page