top of page

0.5

お酒、僕の場合、2口くらいですぐに気持ち悪くなったり缶1本で眠くなったりで、多分体質的にダメなんだと思っています。過去に少し練習をした時期もありましたが根本的な部分は変わらないようです。


ただ、体質的にダメだからと言って、飲みたくないわけでもなく、疲れた日や嬉しいことがあった日などは少しは飲みたい気持ちになります。


最近はそういうニーズにも応えてか、低アルコール度数のお酒も増えてきました。

代表格「ほろよい」は色んな味があって、季節によっても新味が出たりとで僕含めまわりにも好きな人は多いです。


ただ、お酒が体質的に弱い友人とお酒の話になると「低アルコール飲料はすべて甘い、食事をしながら飲みにくい」という意見はわりとよく出る話題でした。あと、あまり良いお酒を使っていない物も多いのか、低アルコール度数のはずなのに、悪酔いしたり、次の日気持ち悪かったりするよねという話もよくしていました。


そんな下戸の人の気持ちを知ってか知らずか、アサヒさんが驚きの度数0.5%のビールテイスト飲料を発売しました。
















ニュースサイトで読んで、これだ!と思いました。

その後スーパーで発見、早速買ってきました。


ビールが好きな人にはやはり少し薄く感じるようですが、普段ビールを飲まない僕としては完全にビール!なのに顔が赤くならない、気持ちも悪くならない、なのにお酒がちゃんと体に入っている気がする不思議!


これは料理と一緒に飲むのに良いと思いました。


こういう料理にあって、アルコールが少ないお酒は大歓迎です。

サワー系などいろいろ発売して欲しいなと思いました。




最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

Commentaires


bottom of page