top of page

ブリーズバンド

ご時世的にプロアマ問わずいろんな演奏の機会がこの1年間色んな場所で失われています。

特に子供達がみんなで演奏する機会を奪われていることはイベント中止の知らせを聞くたびに辛い気持ちになってしまいます。


音楽を生業にしているものとしてなんとか音楽を絶やさないように、子供達に音楽と触れる機会をという気持ちは僕もそうですし、周りの演奏仲間のなかでもしょっちゅう話題になることです。


そんな状況のなか、長年続く人気番組である「題名のない音楽会」で、ブリーズバンドという演奏スタイルが提唱されて話題になっています。


人気曲、定番曲を7人の管楽器/打楽器(一部の曲にピアノ)で演奏できるように有名作曲家が絶妙なアレンジをしたもので、番組サイト からダウンロードできるようになっています。


この人数であれば密もさけられますし、部活でも練習部屋を分けて練習することも、演奏機会を設けることもできるように思います。


アンサンブルは全部そうですが、人数が少ない分、個々の表現はより具体的に表現する必要があり、良い演奏にするためにはなかなかにやり込み要素もある良アレンジ揃いです。


気になる方はぜひ楽譜をダウンロードして、部活や音楽仲間と演奏してみてはいかがでしょうか。




最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page