楽器の中はキレイにしておきたい


数日前、管楽器の中が汚いみたいな話がニュースになっていました。

僕の中学のトランペットパートは練習に飽きると楽器を洗っていたので楽器の中はキレイでした…。うーん…。まぁ、学校によってもまちまちですが、顧問の先生も楽器の洗浄まではケアできない方もいらっしゃるので何となくそうなってしまうことは想像できます。

健康面への影響も勿論ですが、音色面でも楽器の寿命を考えても楽器を良い状態にしておくことは良いことしかないので、定期的に洗ってあげると楽器も喜ぶのでわないかなと思います。

長期間洗わずにいると、洗った後、吹奏感が変わるので本番直前は注意が必要ですが、大掃除の季節に一緒に楽器もピカピカにしてみてはいかがでしょうか。

楽器屋さんも解説動画を出してくれていますね♪


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ