top of page

HMV


友人から引き継ぐ形で、今年度からあるバンドに所属することになりました。

僕は録音に立ち会ってはいないのですが、新譜のLP盤がDJさん中心に支持していただけて、最新アルバムのLP盤の初回プレスが完売。今回セカンドプレスが販売されるということで、HMVさんにてインストアライブを行いました。

僕が上京した当時、いくつかの大きなCDショップの中で、行きつけだったのがHMVでした。

池袋のCDショップのなかで一番クラシックコーナーの面積が大きく、輸入盤を含めてトランペットのCDがたくさん置いていたのがHMVだったからです。

大学を卒業して数年後、まだ音楽だけでは生活できない状況の中、スタッフとしてアルバイトをしたのもHMVでした。

クラシック売り場担当で、アルバイトながらわりと自由にさせていただけて、自分で企画コーナーを作ったり、オススメPOPを作ったりと楽しく働いた思い出があります。

ジャンルに関わらず社員、アルバイト全員が音楽が大好きで、売れ筋をきっちり売るだけでなく、「自分達が評価した、これから伸びていくアーティストを世に発信していこう。」そんな気概を全スタッフが持っているお店でした。

ちょうどCDが売れなくなっていた時代に、店舗の入っていた施設が改装工事で店舗へのアクセスが最悪になったタイミングでリーマンショックも重なり、売り上げが激減、働いていた店舗、旗艦店を含めて多くの店舗が閉店になり、一緒に働いていた仲間も散り散りになってしまった悲しい時期もありました。

それから約10年、売っていただく立場でお店で演奏する機会を得たことに不思議な縁と当時のことを思い出し感慨深い思いで演奏してきました。

多くの方に聞いていただくこともでき、スタッフさんとも当時のことを含め色々と懐かしい話もさせていただいて、とても嬉しく貴重な時間を過ごすことができました。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page