top of page

明日から

今日で5月が終わります。


当教室は緊急事態宣言後、4、5月の教室でのレッスンを全て休講にしていましたが、6月よりまた教室でのレッスンを再開します。


教室の中ではビニールでの仕切り、換気や、生徒さんにもご協力いただき、感染のリスクに十分配慮しながら運営してまいります。



4、5月はいろいろなことを考えました。


今まで積み重ねてきた時間が宙に浮いたように感じることもありましたが、生徒さんからいただく何気ないメールの一文や友人とのたわいない会話に元気付けられながら動ける日に向かって準備をしました。


音楽業界を見ると、今なお演奏会やライブ、それに伴うリハーサルもなかなかすぐには動けないような状況です。


ただ、世の中全体が少しずつですが活動を再開し、今できることを模索しながら動き初めています。新型コロナについてなにもわからなかった年始の頃にくらべてそれぞれが対策や準備をして臨むこれからは、単なる「自粛をやめただけ」ではないはずです。


不安な中でもそれぞれがそれぞれを気遣いながら進んでいく季節になると信じています。


今は生徒さんに再会して一緒に楽器が吹くことが楽しみです。


気をつけることは気をつけ、それでも活動することを諦めないで進んでいこうと思います。

最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page